三式襲撃機




三式襲撃機


<要目>
全幅12m 全長10.2m 自重2.9トン 乗員1名 武装12.7ミリ機関砲×2(翼内×2)、20ミリ機関砲×2(翼内×2)、37ミリ機関砲×1(機首×1) エンジン出力1470hp×1 最大速度600km/h 航続距離1,100km 


 日本陸軍は1930年代より空冷エンジンに平行して水冷エンジン搭載機の整備に努めていた。空冷エンジンは空力抵抗となる正面面積が大きいが、出力に比して軽量であり、水冷エンジンはこれと逆の性質をもっており、その為どちらが有利と単純には判断出来なかったためだ。
 例を上げれば空冷エンジン機の三菱製九七式戦闘機と水冷エンジン搭載の川崎製九八式戦闘機は、飛行戦隊の拡充などが行われた軍備拡張期にあったとはいえほぼ同時期に似たような性能ながら共に制式採用されていたのである。
 兵器研究方針が改定されて日本陸軍の戦闘機が軽戦闘機、重戦闘機に加えて複座戦闘機と分類されてもこの傾向は変わらず、対戦闘機戦闘に特化した軽戦闘機として採用されたのは空冷エンジンを搭載して機動性に優れるキ43、一式戦闘機だったが、大出力エンジン搭載によって万能戦闘機を目指した重戦闘機として採用されたのは、空冷エンジンを搭載したキ44、二式戦闘機と後に三式戦闘機として制式化されるキ60であった。

 実質上試作機扱いだったキ60は、エンジンや機体構造の改良を持ってキ61、三式戦闘機として重戦闘機扱いとして制式採用された。同時に日本陸軍とキ60の開発にあたった川崎航空機は、キ60を原型としつつもキ61の様に機首にエンジンとプロペラを牽引式に据え付ける一般的な配置ではなく、エンジン配置を変更した派生型の開発を同時並行で開始していた。
 この時期、日本の航空関係者の間には、急速な航空技術の発展を背景に通常の牽引式プロペラ機では高速化には限界があると考えられていた。具体的には600乃至700キロ毎時程度がプロペラ機の速度限界であり、これ以上の性能向上のためには何か抜本的な新技術の導入が必要不可欠であり、その一つが新技術である奮進機関であり、またこれまでとは異なる配置の検討であった。
 双ブームや推進式といった異様なエンジン配置の機体がこの時期は試作開発が進められたが、キ60の派生型もこの一種であったといえる。

 キ60から派生した機体は実用化を急ぐためにオーソドックスな機体形状に終始したキ61、三式戦闘機の他に二種類があった。いずれもマーリンエンジン、あるいはその発展型であるグリフォンエンジンを主機関として採用したものだが、三式戦闘機とは装備位置が異なっていた。
 この中で最も高性能を狙ったのはキ64で、エンジンはキ61と同じく機首に装備したうえで、もう一基を胴体中央部に装備する串型配列としていた。この二基のエンジンの内胴体中央部配置のものは延長軸を使用して回転力を機首まで伝達して二重反転プロペラを駆動させていた。
 そしてもう一つがこのキ64とキ61の開発計画からさらに派生したキ88、三式襲撃機であった。

 三式襲撃機は元々キ61Uと呼称された三式戦闘機の発展型として計画されていたものだった。これは三式戦闘機の武装強化型として37ミリ機関砲の装備を研究するものから始まったもので、当初は機首配置エンジンのクランク軸を中空としてモーターカノン方式に銃身を据え付ける形態で設計されていたのだが、エンジン後方に過給器等の補機を集中配置したマーリンエンジンは同部分に機銃の機関部を設けなければならないモーターカノンの装備が難しく、エンジン自体の改設計作業に時間がかかることが予想された。
 これは機首と胴体中央にエンジンを計二基装備するキ64も機首エンジン内に後部エンジンの延長軸を通さなければならない以上は同様の作業が必要ということを意味していた。
 そこで開発メーカーである川崎航空機とマーリンエンジンの改設計を担当していた石川島は、引き続いて機首用エンジンとキ64の設計を進めると同時に、キ64の設計案の一部を活かしてキ61Uの設計案の変更を陸軍に願い出ていた。

 新たな設計案はキ64の一部の設計を流用したもので、操縦席後下方にエンジンを配置して延長軸で機首に配置されたプロペラを回転させていた。つまり串型に配置されたキ64の二基のエンジンの内後ろ側のみを搭載した形であり、キ64設計案とは異なりエンジンが配置されていない空いた機首の空間には37ミリという単発機に搭載されるには大口径の航空機関砲が搭載されていた。
 これは米空軍で単発高々度迎撃機として制式化されていたP-39エアラコブラの配置を参考にしたと考えられたが、三式戦闘機が搭載したのと同じマーリンエンジンを搭載したキ61Uは中高度以下を予想戦闘域としたため、P-39のように排気過給器を搭載することはなかった。

 これらの処置は、製造メーカーである川崎航空機や石川島重工としてはキ61、キ61U、キ64の設計の一部を共通化させることにより設計工数や製造コストの削減を狙ったものであったと思われる。
 エンジン配置を変更した以上胴体設計の大部分はキ61からの変更点は少なくなかったが、これも後のキ64の設計との共通化が図られていた。キ61との共通設計部分は、水平、垂直尾翼を含む尾部、操縦装置を含む風防周り、これに加えて主翼が共通化していたが、重心の変化によりキ61とは主翼取り付け位置は相応に変化していた。
 胴体内部には操縦席下部にマーリンエンジンが配置され、操縦席後方には燃料気化器用の空気取り入れ口が設けられていた。
 他に原型機はキ61同様に液冷エンジン用のラジエーターを胴体下部に設けていたが、キ61Uがキ61の武装強化仕様という一派生型からキ88という別計画の名を与えられた頃に機体設計と用途に変更が加えられていた。

 当初三式戦闘機の武装強化型となるはずだったキ61U改めキ88であったが、日本陸軍はこれに戦闘機とは異なる用途を与えていた。
 同様の配置をとったP-39は本土防空用の高々度戦闘機として大口径機銃を対爆撃機用の切り札としていたが、大口径機銃が必要となる本土に対する爆撃機の襲来を考慮する意味の薄い日本陸軍では、低高度向けのマーリンエンジンを搭載した上に重武装のキ88を襲撃機として運用することとした。
 キ61の主翼を流用したキ88の銃兵装は37ミリ1門、12.7ミリ、20ミリが2門ずつという単発機としては極めて重武装に仕上がっていた。この時期、英国空軍ではハリケーンに40ミリ機関砲2門を増設した対地攻撃型を運用していたが、キ88の場合は外装式に大型の40ミリ機関砲を装備したハリケーンとは異なり機体内部に機関砲を収容したため空気抵抗が小さく、機動性、速度はハリケーンよりも高かった。

 従来日本陸軍で使用されていた襲撃機は軍偵察機と機体構造の共通化が図られた九九式であった。九九式襲撃機は複座固定脚で爆弾搭載量は少ないが、短い滑走距離など使い勝手の良い機体だった。
 しかしキ88改め三式襲撃機は、実質上襲撃機部隊を改変して装備されていた二式複座戦闘機の後継であった。二式複座戦闘機は戦闘機として開発されたものの、20ミリ、乃至37ミリ機関砲の機首配置という重装備から襲撃機としても運用されていた。
 三式襲撃機は単座でありながら銃兵装では二式複座戦闘機とほぼ同等であり、原型が単座戦闘機であるから機動性にも優れていた。
 戦闘機から襲撃機への用途変更時にラジエーターの配置はエンジンの後方、エンジン排気が流入しない胴体下部ぎりぎりまで下ろされた位置で胴体に半埋め込み式に変更されていた。
 このラジエーターの配置は襲撃機として地上に攻撃をかける際に、弱点となるラジエーターを主翼の影に隠してカバーするためであったと言われるが、それよりも多くの液冷エンジン機でラジエーターを配置される胴体下部を避けることで、空冷エンジン機のように胴体下部の広い空間に増槽や爆弾の懸架を可能にするためでもあった。
 こうした配置の工夫とマーリンエンジンの大出力に支えられて三式襲撃機の爆弾搭載量は少なくはなかったが、実戦では大口径の機関砲をも備えたせいか、あるいは設備が貧弱な前線後方の急造飛行場で人力でも搭載が可能であるためか、比較的軽量な50キログラム爆弾を複数発搭載することが多く、さらに小さな15キログラム爆弾多数を一気に投下して面制圧を行うことも多かったようである。
 だが最も多用されたのは銃撃と同時に使用できる噴進弾であり、これを主翼下部に専用レールごと懸架した三式襲撃機の姿は対独戦中盤以降は戦場で見慣れた風景となっていた。


 


戻る
inserted by FC2 system